ほがらか日記

S・M子のひ・と・り・ご・と

2022.11.15

気温がぐんと下がって身体の冷えを感じる季節になってきました。

ついこの間までは「暑い暑い」と言っていたのに最近は「寒い」という言葉をよく口にしてしまいます。

丁度良い気持ち良い時期が、今年は得に短かった様な気がします...

これからどんどん寒くなっていくのかと思うと

ゾッとしますわ~。

ついこの間までは、入浴もシャワーでさっと汗を流してすませていたのが、最近はそういうわけにもいかず、お風呂タイムが長くなっています。湯船につかると、つい「ふぁ~~」と声が出てしまい最高に幸せを感じております。

温かいお風呂に入ると血行が良くなり、身体が温まりますが、間違った入浴方法をとると、かえって身体の冷えを招くこともあるんですって

「冷えは万病のもと」とも言われますし...

身体の芯から温めてポカポカの状態をキープしたい

ということで

『お風呂の入り方』を見直してみました。

身体を洗うのは、シャワーだけでもできますが、湯船につかる入浴には、3つのすばらしい作用があるんですって

1. 温熱作用

湯船につかると体温が上がり、血流がよくなり、その結果、新陳代謝が高まって体内の老廃物や疲労物質が除かれ、疲労回復やこり、痛みがやわらぎます。

2. 水圧作用

身体にかかる水圧はウエストが3~5㎝も細くなるほど皮下の血管にも圧がかかるため、手足にたまった血液が押し戻されて心臓の働きが活発になり、血液やリンパの流れをよくします。

3. 浮力作用

水中の浮力により、体重は普段の約10分の1に体重を支える筋肉や関節を休め、身体全体の緊張がほぐれます。

私は熱めのお風呂が好きなのですが、ぬるめのお湯にじっくりつかるのが良いんですって

お湯の温度は38~40度で15分が最適だそうで、全身の血行が良くなって身体がじんわりと温まっていくそう。熱いお湯に入ると、瞬間的に身体は温まるけれど体温を調節しようと一気に汗をかいてしまい、お風呂を出たあと、体温が下がりすぎてしまって、身体が冷えを感じてしまうとか...

なんともったいない

よくTVなどで、女優さん、モデルさんが半身浴しながら本を読んで...

などと、耳にしますが、冷え性の人にオススメなのは全身浴なんですって

肩までしっかりとお湯につかって全身の毛細血管を広げて血流を良くしましょう

これで一日の疲れも ふっとびますね

身体への負担が気になる方は半身浴の方が良いでしょうね

湯船に15分つかっているとき、時間を有効に使おうと思い

 膝を両手で抱えて(三角座り)背中を丸めたり伸ばしたり

 腰を左右にゆっくりひねって身体の側面やお尻、太ももの外側を伸ばしたり

 両腕を上にして手を組み、左右に身体を倒してわきばらを伸ばしたり

 手指、あし指をグーパーグーパー動かしたり

 ふくらはぎ、太もものマッサージしたり

S・M子の家のお風呂は残念なことにせまいので両脚がピンと伸ばせません

なので、これくらいなら出来るかも

あ、いい香りの入浴剤も入れたりしちゃおう

みなさんも、おうちの湯船でゆったりと温まる極上のバスタイム

身体も気分もリフレッシュ&リラックスしてみませんか。

認知症ケア専門士の認知症話⑤

2022.10.31

認知症の薬の話し、続き・・・

現在、認知症薬として使われているのが4種類あります。

①アリセプト®︎(塩酸ドネペジル)

②レミニール®︎(ガランタミン)

③イクセロンパッチ®︎、リバスタッチ®︎(リバスチグミン)

イクセロンパッチとリバスタッチは会社が違うだけで同じ薬です

④レミニール®︎(メマンチン)

①②③はアセチルコリンエステラーゼ阻害薬

④はNMDA受容体拮抗薬

に分けられます。

アセチルコリンエステラーゼ阻害薬とは、アルツハイマーやレビー小体型認知症はアセチルコリンという神経伝達物質が減少することで神経が働かなくなりますが、アセチルコリンが分解されて減ることを防いでくれる薬です。

NMDA受容体拮抗薬とはグルタミン酸という神経を受ける側の働きを整えてたり、抑えたりしてくれる薬です。

簡単に言うと①②③は元気を出し、④は落ち着けてくれる薬です。

用量も種類があり、状態にあった量や身体にあった薬を選ぶことが大切です。

血管性認知症や前頭側頭型認知症はメカニズムが違うのでこれには当てはまりません。

また、レビー小体型認知症はパーキンソン病薬を使用する場合もあります

先生に相談して合ったものを使いましょう

認知症ケア専門士の認知症話⑤

2022.10.15

今回は認知症の薬について触れたいと思います。

認知症の根本治療薬はまだありません。

認知症薬として使われるものは、進行を遅らせることを目的にしたものです。そう聞くと「治らないなら飲まなくてもいいんじゃないか」「遅らせるといってもしれているでしょ」なんて思うかもしれませんが、侮るなかれ。正常圧水頭症や甲状腺機能低下症などで起こる認知症は治療で戻すことはできますが、認知症は脳内で長年のたんぱく質の蓄積が影響しているので進行し続けます。よく聞くアルツハイマー型認知症は脳内にアミロイドたんぱく質が蓄積することで起きていると言われています。

高齢化により筋力低下、心身状態は悪化し、低下します。ですが、悪化具合は当施設「デイケアセンターほがらか」のような場所で運動や活動機会を設ける人と設けない人とでは明らかに悪化具合が変わります。

data_1.jpg

※グラフは 東京都福祉保健局 とうきょう認知症ナビ より

薬を使用して維持や悪化を遅らせることが1年後、2年後・・・どのような差を生むかは容易に察しがつくと思います。おすすめは専門外来で見てもらうことですが、まずはかかりつけ医への相談からでもいいです。2025年には65歳以上の5人に1人が認知症または予備軍と推計されています。その認知症は今日明日の原因で起きるものではなく、何年も何年もかけて起きるものです。恥ずべきものでも、特殊な事でもありません。高齢社会日本においてはほとんどの人が通る道です。だから、出来ることから行いましょう。

薬の種類等は次回10/31に続く・・・

コロナ感染予防について

2022.08.23

皆さま、お久しぶりです。ほがらかスタッフのジュンです。

前回の記事もご覧いただきありがとうございました。

今回も宜しくお願い致します。

今回は改めて「コロナ感染予防」について書いていきます。現在京都では日々コロナ陽性者が増えている状況です。いつどこでコロナに感染するか分からない状況ですが、ここでもう1度自分自身だけではなく周りの人を守るためにも、主な感染予防について挙げていきたいと思います。

・手洗い、うがいの徹底

手洗い、うがいは「自分の体の中にウイルスを入れない」重要な予防方法です。ウイルスの多くは喉や鼻、目の粘膜から侵入します。それらを防ぐために常日頃からうがい、手洗いをしてウイルを洗い流すようにしていきましょう。また水で軽く流すだけではなく手洗いの場合はハンドソープ、うがいの場合はなるべく1度につき複数回うがいをするようにして下さい。

・3密を避ける

「密閉・密集・密接」の3密をなるべく避けるようにしましょう。この3つが重なるとクラスター(集団感染)になる恐れがあります。3密を避けるのが1番ですがそのような場面になったら、こまめに換気をして空気感染を防いだり、人との距離が近い場合や人が多数いる場所では相手と距離を保ち飛沫感染を防ぐなどの対策をとりましょう。

・バランスの良い食事を心掛ける

食事は体の免疫力を強くするうえでとても重要なことです。免疫力が下がるとウイルスにかかりやすくなったり、回復力や抵抗する力が弱まり疲れやすくなり、感染症だけではなく生活習慣病に繋がる恐れがあります。朝、昼、晩、しっかり食事を摂るようにして下さい。

・毎日しっかりと睡眠する

睡眠も体の免疫力と健康を維持する上で大切です。睡眠不足になると免疫力が下がったり、疲労が溜まりやすくなり風邪を引いたり怪我にもつながる場合があります。毎日しっかりと睡眠することで脳や体の休養をするようにしましょう。

・適度な運動

自粛の影響で外出機会が減り、運動や散歩などの身体活動が減ると免疫力が下がり虚弱になったり認知機能が低下する恐れがあります。外出できない場合は自宅でストレッチやラジオ体操、外出できる場合はウォーキングやジョギングなど少しでもいいので運動するように心掛けましょう。

皆様是非この記事を少しでも参考にしてみて下さい!

ありがとうございました。

お盆明け

2022.08.18

8月13~17日と夏期休暇を頂き、本日18日よりほがらか営業再開しております

久々のご利用の方もおられるかと思いますので、怪我なく安全に

また楽しく賑やかにリハビリ頑張っていきましょう

よろしくお願いいたします。

DSC_0399.JPG

朝一のフロア。皆さんの来所お待ちしております

ページトップへ戻る