ほがらか日記

高齢者に多い骨折の種類

2022.06.21

皆様。お久しぶりです。ほがらかスタッフのジュンです。

前回の記事もご覧いただきありがとうございました!今回も宜しくお願い致します!

今回は「高齢者に多い骨折の種類」について書いていきたいと思います。

まず1つ目が「大腿骨近位部骨折」です。この骨折は転倒や尻もちをついた時に起こりやすい骨折です。場所としては太ももの付け根近辺で、骨折をしてしまうと中々筋力が戻らず悪化してしまう

可能性があります。最悪の場合寝たきりになってしまうこともあるので注意して下さい。

2つ目に「圧迫骨折」です。主な原因としては特に骨粗鬆症が挙げられますが、くしゃみや重い物を持った際にも起きやすい骨折と言われています。場所は背骨になります。骨折により骨が変形してしまい、圧迫され神経障害などを引き起こしてしまう可能性があるので痛みなどがある場合は、すぐに病院で受診してもらうようにしましょう。

3つ目は「上腕骨近位部骨折」です。この骨折は転倒した際に手をついた時や、肩を少しぶつけた時に起きやすい骨折となります。また肩近辺の場所になるので、骨折に伴い脱臼などを引き起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。

4つ目は「橈骨遠位端骨折」です。場所としては親指側の手首付近の骨です。原因の多くとして挙げられるのが転倒の際に手を強くついてしまった時や、少しよろけた際に顔を守ろうとして手をついた時などがあります。

上記の骨折、全てに言えるのが転倒をしてしまうと様々な骨折に繋がってしまうということです。また骨そのものが脆くなるとさらに危険になります。前回ブログで書いた「転倒」と「骨粗鬆症」には充分気を付けて、運動や食生活などで骨折をしない体作りを心掛けるようにしましょう!!

皆様是非この記事を少しでも参考にしてみて下さい!

次回の記事も宜しくお願い致します。

みんなでストレッチ番外編(6回目)

2022.06.02

瞬きする間に季節の移ろう今日この頃、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?

私と言えば、全季節対応で暴飲暴食を繰り広げております。

さて、今回は目先を変えて3/24にジュン更新の「誤嚥について」とのコラボです。ジュンは姿勢の話をしました。そして私は...

ストレッチ! 誤嚥予防のストレッチ‼表情筋や、喉の筋肉をしっかりと働かせ、皆で美味しく食事をしましょう!

それではみんなで~「レッツ、ストレッチ」

①目を見開き、口を大きく開きましょう。

PXL_20220530_081536377.jpg

②今度は目と口を閉じます

PXL_20220530_081545164.jpg

③口を膨らませます。フグよりも膨らませましょう!

PXL_20220530_081549435.jpg

④今度は口をすぼめます。目指せひょっとこ!

PXL_20220530_081552654.jpg

⑤ベロを出します。あっかんべ~

PXL_20220530_081557166.jpg

出した舌は上下左右に動かします。

これでバッチリです‼①~⑤をゆっくりと繰り返しましょう。

しっかりと顔を動かし誤嚥なく、美味しい食事を頂きましょう。

それでは最後に大きな声で!みんなで~「レッツ!ストレッチ‼」

高齢者の骨折の要因

2022.05.24

皆様。お久しぶりです。ほがらかスタッフのジュンです。

前回の記事もご覧いただきありがとうございました!今回も宜しくお願い致します!

今回は「高齢者の骨折の要因」について書いていきたいと思います。まず一番大事なのは高齢者の方にとっての骨折は、今後の生活に大きく響く怪我であるということです。骨折をしてしまうと長い時間をかけての治療が必要になり、治っても元の状態に戻るのは大変です。寝たきりになる可能性も充分にあるので、骨折の主な原因である「転倒」と「骨粗鬆症による骨の強度の低下」には気をつけなければなりません。今回はこの二つについて詳しく書いていきたいと思います。

まず「転倒」についてですが、一番の原因は年を重ねるにつれて起こる筋力低下が大きな要因です。若い頃に比べると下肢の筋力などは衰えが始まり、踏ん張る力などは低下していきます。これらを防ぐには散歩をしたり、家の中でストレッチなどをしてなるべく足の筋肉を動かすように意識しましょう。また転倒には障害物に足が当たったり、段差を踏み外して転倒したりなど周りの環境からも転倒に繋がる場合があるので注意しましょう。日頃から家の中を綺麗にしたり、転倒しやすそうなポイントを自分で見つけてチェックするようにしときましょう。

次は「骨粗鬆症による骨の強度低下」についてです。骨粗鬆症とは骨が脆くなり骨折しやすくなる病気のことです。この病気は痛みなどはほとんど無く、気付いた時には既に進行している場合がほとんどです。発症の原因としては、生活習慣病の乱れや加齢による骨密度の低下などが挙げられます。対策としては食事の中でのカルシウムの摂取や適度な運動や、定期的な骨密度検査の実施などで自分の骨の状態を把握しときましょう。

皆様今回もご覧頂きありがとうございました。

次回は「高齢者に多い骨折の種類」を書いていきたいと思います。

次回も宜しくお願い致します!!

マシン!

2022.05.17

マシンの運動をより効果的に行うための方法はいろいろありますが、

その一つとして「運動をしている筋肉を意識する」というものがあります。

同じ運動でも【普段通り行う場合・鍛える筋肉を意識して行う場合】を比較すると、重すぎる負荷を除いて(重すぎる負荷の場合はあまり変わらないとされる)、

意識した場合はその筋肉の活動が増加したというデータがあります。

同じ負荷・運動でも意識一つで効果が変わるということですね

でも、ほがらかにあるマシンはどこを鍛えているの?どんな効果があるの?など普段行うリハビリだけでは分からないこともあるかも...

そんな時は~ あります! ハンドブック

HORIZON_0001_BURST20220512180828153_COVER (2).JPG

各マシンで働く筋の説明や運動の注意点などが書いてあり、ぜひ参考にしてリハビリに役立てていただければと思っています。

気になる方はスタッフ~まで

HORIZON_0001_BURST20220512181034834_COVER (1).JPG

寝る姿勢って?

2022.04.29

皆さまは、毎日どのように寝ていますか?

寝る姿勢によっては、身体に与える影響が色々とあるようです。

今回は、そんな諸説を少し紹介してみたいと思います。

①仰向けで寝る

・血液循環が良く、また呼吸もしやすい。

・手足からの放熱がしやすく、体温調節に適している。

・睡眠時無呼吸症候群のリスクが高い。いびきの原因。

②うつ伏せで寝る

・睡眠時無呼吸症候群の防止、いびきの軽減。

・顎関節症、歯並びの乱れに影響。

・乳幼児突然死症候群のリスクが高い。

③横向きに寝る

・腰痛の軽減。

・右を下にした姿勢は、胃や十二指腸の出口が右向きなので、消火作用が良くなる。

 心臓を圧迫することなく、リラックス。

・左を下にした姿勢は、重力によって大腸から結腸に便が移動しやすく、

 目覚めの排便が促される。心不全には不適。

このように、寝る時の姿勢によって、様々な身体への影響があるとされています。

しかし、あまり考えすぎてしまうと、良い睡眠がとれなくなります。

あくまで諸説なので、人によって、効果の現れ方も違います。

姿勢は気にしなくても、たいていは寝ている間に、

数十回寝返りをすることで、疲労を回復していると言われています!

人生の3分の1を占めるとされる睡眠時間。

大切なことは、自分の落ち着く姿勢で寝ること、

体調に合わせた姿勢で寝ることですが、

無意識に良質な睡眠がとれる姿勢があれば良いですね

この機会に、自分にあった姿勢で寝る習慣をつけたいものですね

ページトップへ戻る