ほがらか日記

筋力と転倒

2021.10.14

まず転倒の要因として、本人の特性に関連する内因性リスクと環境などの外因性リスクというものがあり、

様々な要素が重なることで転倒してしまうと言われています。

◎内因性リスク        ◎外因性リスク

・バランス障害        ・不適切な靴

筋力低下          ・滑りやすい靴

・視力障害          ・暗いまたは明るすぎる照明

・薬剤 など         ・荷物を持っている

               ・焦った状況 など

前回転倒予防と足趾についてお話をさせていただきましたが、今回はリスクの一つである筋力低下についてです。

筋力低下は...いつ頃から起こるかご存じでしょうか? ある程度年齢を重ねてからまだまだ若いから大丈夫

実は・・・部位によっては、20~30歳代頃より年齢に伴う減少がみられるとされています

下肢(足):男女とも20~30歳代から大きな傾きで減少

〇体幹(体):女性は50歳頃、男性は45歳頃まで緩やかに増加した後、減少

〇上肢(手):加齢による減少の傾きは穏やかで、女性は60歳頃までは横ばい

〇全身筋肉量:女性は50歳頃まで横ばいでその後減少、男性で40歳頃まで微量に増加した後減少

減少率が大きいのは下肢(足)となります。(疾患や個人差はありますが)

筋力低下・転倒予防に有効な一つとしては、運動による介入です。

運動はグループでも個別に行う場合でも有効であり、複数の訓練要素が含まれているとより良いとされます。

ほがらかでの各種マシントレーニングや個別リハビリ・集団体操等を行い

転倒予防また健康づくりの一つとして効果的な運動ができるよう日々取り組んでいければと思っています

(半日利用の様子)

車椅子での移動介助

2021.10.07

皆様。お久しぶりです!

ほがらかスタッフのジュンです。

前回の記事ご覧いただきありがとうございます!!

今回も宜しくお願い致します。

久々の記事になりますが、今回は車椅子での移動介助について書いていきたいと思います。

まず車椅子での移動で大事になってくるのが「ゆっくり」を心掛けることです。

車椅子に乗る方の視線は歩く人より視線が低くなり、立って歩く以上にかなり早く感じるので注意しましょう。

また車椅子に乗っている人からは介助者が見えないため不安を感じやすくなるので、声掛けも大切になってきます。いつ動き出すか、どこへ向かうのかが分からないと車椅子に乗っている方の心身の負担となってきます。

介助者はなるべく「ゆっくり」の移動を意識しつつ、こまめに声掛けをしながら介助しましょう。声掛けも「前へ進みます」「後ろに下がります」「少し曲がります」など必ず一つ一つ移動するときは、声掛けしながら介助するようにしましょう。

image0.jpeg

その他にも移動時以外でも止まる時や、少しでも車椅子から離れる場合はブレーキのかけ忘れに注意して下さい。ブレーキをかけていないと乗っている方が動いたり座ったりする際に、車椅子が突然動いてしまい転倒の可能性があります。特に地面に少しでも傾斜がある場合は、介助者が離れている間に車椅子が動いてしまうので、ブレーキのかけ忘れには十分気をつけるようにしましょう。

前回の歩行介助もそうですが車椅子に関しても正しく介助を行えば、介助者も介助を受ける方も安心して移動することが出来ます。

車椅子だからといって外出する機会を減らすのではなく、安全に十分配慮し車椅子を活用すれば行動範囲も大きく広がります。

少しでも外出して景色を見るだけで気持ちの面でも大きく変わる部分があると思います。

皆様是非この記事を少しでも参考にしてみて下さい!! 

マシントレーニングの疑問点

2021.09.28

ご無沙汰しております。ほがらかリハビリのSです。皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回もまたほがらかリハビリでの取り組みについて紹介させていただきます。

①のマシン指導について

DSC_0207 (1)1.jpgのサムネイル画像

①のマシンは腕や胸の筋を鍛えるマシンになります。あまり肩や手に力を入れすぎないように注意するのがポイントになります。運動指導をする際に親指側から順に力を入れた方が良い派と小指側から力を入れた方が良い派に分かれてしまうという問題がありました。

肩に余計な力が入りにくく姿勢を維持しやすいという理由で小指側から力を入れているという意見や、そんな話は知らない。親指側からの方が力をいれやすい。などスタッフの認識も様々でした。

そこで利用者様にお伝えするときにどちらかの方法で統一できたら良いなという話になりデータを取る事になりました。

はっきりさせたい点

① どちらの方が強い力を出せるのか。

② どちらのほうが力を入れやすく感じるのか。

方法

スタッフ18人の握力を測定。利き手で測定。

1回目 親指側から小指側に力を入れて測定

2回目 小指側から親指側に力を入れて測定

で測定して数日後に逆の手順で測定しました。

そうすることで、筋疲労の影響を排除して比較することができます。

統計

平均だけで比較すると親指側から小指側:31.3~32.8㎏ 小指側から親指側:30.8㎏~32.2㎏で親指側から小指側に力を入れるほうが少しだけ握力が高いという結果になりました。

しかし平均値の比較だけだと一人でも飛びぬけた数値がいると結果が引っ張られてしまうので、標準偏差(ばらつき具合)を出して統計を行いました。

また力の入れやすさに関しては測定時に聴取した結果を期待値と比較して統計させていただきました。

結果

① 平均値では親指側の方が少し強い力を出せていましたが、有意差はなく誤差範囲。

② 力の入れやすさも同じく、親指側が力を入れやすい人が多くなりましたがこれも有意差はなし。(親指側から52.8% 小指側から30.5% どちらも同じくらい16.7%)

結論

どちらから力を入れても大きな差はなく誤差範囲である。

なので力をいれやすい方で運動してもらえればそれでOK。

ただし、肩に力が入りすぎている、姿勢が傾いているなどはこれまで通りスタッフで注意していこう。となりました。

DSC_0211 (2)1.jpgのサムネイル画像

身近な疑問について考え、スタッフの共通認識として学べる良い機会となりました。

コロナ禍で話し合いや勉強会などしづらい状況ではありますが、各々常に学ぶ姿勢を持ち高い意識で仕事に取り組んでいます。何卒今後ともよろしくお願いいたします

※今回の結果はご持病や年齢、参加人数などで変わりますので参考までにとご理解ください。

集団体操について

2021.09.15

ほがらかでは、主に1日利用者様向けに毎日集団体操を行っています。(コロナ禍ではソーシャルディスタンスは保ちつつ)

集団体操は、ストレッチや手足でリズムを取ったり、手指の巧緻動作など身体を動かすことはもちろんですが、運動を通して利用者様同士のコミュニケーションを図ることも目的としています。

一人では消極的、長続きしない方でも「みんなと一緒であれば」「隣の方もやっているので」「ついつい釣られて」といったことがあります。

病状等により、不安や不穏のある利用者様にとって、不安解消や達成感など感じてもられる効果もあります。

高次脳機能障害、認知機能障害を有している方にとっては、理解が難しく、運動についていけないといった場面もみられるので、利用者様の能力に応じて、体操の種類を工夫したりして取り組んでいます。課題はまだまだたくさんありますが、他者と関わりを持ちながら取り組むことができるのも、集団(通所)でのリハビリ、活動の魅力の一つと言えると実感しております。

歩行介助について

2021.09.01

皆様。初めまして。

ほがらかスタッフのジュンと言います。

宜しくお願い致します。

初めての記事になりますが、今回は歩行介助について書いていきたいと思います。

歩行介助とはその名の通り、「歩行」を「介助」することです。

年を重ねると誰もが身体機能が衰え自力で歩くにはふらつきや転倒の危険が増えてきます。

それを未然に防ぎ安全に移動するように介助することが歩行介助です。

その中でも今回は「杖の歩行介助」についてお話ししたいと思います。

原則としては杖の反対側やや後方に立ち脇の下に手を入れて介助するのが基本となります。

(正しい例)

1630398016661.jpeg

(間違った例)

1630397954477.jpeg

上記のように杖側に立ってしまうと杖と反対側に倒れてしまった時に

介助者が支えられない危険な介助方法となるので注意しましょう。

どの介助方法でもそうですが「大丈夫ですか」などの声掛けや、介助者が次の動きの予測をしていくことも大事になってきます。

また周りの状況を確認することも転倒リスクを下げる一因となってきます。

このように、正しく介助を行えば介助者も介助を受ける方も安心して歩行することが出来ます。

また安心して歩くことで外に出る意欲や体の機能低下の防止にも繋がってきますので皆様参考にしてみて下さい!!

ページトップへ戻る